FC2ブログ

11/1~ ワン・デイ・シェフ募集します!

フェアトレードカフェ&雑貨WAKUWAKUでは、11月1日からワン・デイ・シェフ(日替りシェフ)を募集します。年齢・性別・国籍に関わらず、お料理好きの方、将来お店を持ちたいと思っている方、WAKUWAKUで1日体験シェフをしてみませんか?社会人、学生、プロの方も大歓迎!ご友人同士やご家族での複数シェフもOKです。

●ワン・デイ・シェフとは?

ワン・デイ・シェフとは、地域の方々が地元の食材を使って、日替りで食事を作り、自らPRも行い、お客様に得意料理を提供するお店の運営方法です。現在、全国推定70ヵ所で展開され、まちづくり・地域づくりや地産地消を進める新しい手法として、注目を集めています。

この企画を導入することで、例えば地域で孤食をする高齢者や学生の健康のために、食を通して安心して集える場所を提供し、地域の人たちのコミュニケーションを促すことができるようになります。また、この企画を通じて、楽しさ、生きがい、夢、希望を見出し、地域における問題解決につながるなど、さまざまな場面で人が出会い、つながっていくことを目的としています。

●WAKUWAKUの ワン・デイ・シェフになるには?

ワン・デイ・シェフは登録制です。事前に申込・登録書に得意な料理メニューやイベント企画の内容など、必要事項を記入し、カフェにご連絡ください。(申込・登録書は、お問合せください。)
シェフは担当日に厨房を使い、WAKUWAKUで設定されている値段に応じたボリューム、個性を活かした内容のランチを作り、お客様に提供します。材料の仕入れから調理、接客、片付け、店内の雰囲気づくりなど、すべてがシェフに任されます。担当日のランチは20食程度を用意し、完売した時点でランチは終了となります。

料理を作るのが好きな方、安全な食材にこだわりたい方、作った野菜を食べてほしい方、自分の国の料理を紹介したい方、国際協力活動に興味のある方など大歓迎です。「ワン・デイ・シェフに興味はあるけど、自信がない・・・」という方は、他のシェフのアシスタントとして経験を積むこともできます。詳細は下記までお気軽にお問合せください。

フェアトレードカフェ&雑貨WAKUWAKU (店長 林知美)
TEL&FAX:089-993-6227 E-mail:wakuwakushop@egn.or.jp

●オープンから3ヵ月の間に実施したワン・デイ・シェフ企画の事例を紹介します!

【事例1】 各国料理の紹介
ニック・マユンガさん(ケニア出身、ミュージシャン)、ファティマ・カリファ・アハメッド・カルファさん(エジプト出身、主婦)、クリスム・アッタールさん(通称:コビタさん、バングラデシュ出身、オイスカ四国研修センター研修生)に各国料理のランチプレートを調理してもらい、お客様に楽しんでいただくことができました。

ニックさん
ファティマさん
エジプト料理
バングラデシュカレー

【事例2】中島シトラスランチ
WAKUWAKU初の持込企画がこのシトラスランチです。中島出身の末澤千泰さんが、島で元気いっぱいに育った有機栽培のレモンやオレンジの良さを味わってもらうために企画しました。今回は企画の提案から当日までの流れをご紹介します。

① メニューの提案。
② 日程調整、メニューの決定。
③ チラシ作成、ブログ、店頭等での広報。
④ 前日:調理器具等の確認、最終打合せ。
⑤ 当日:調理・サーブ・片付け・反省。

シトラスランチ


Fair Trade Café WAKUWAKU starts recruiting one-day chef candidates from November 1.

Anybody who wants to cook, or who wants to run a shop in the future, regardless of age, sex, or nationality, please come and try out this project. Professional chefs, amateurs, students, friends and family members are also welcome.

●What is “one-day chef”?
This is a way of running a community restaurant that local people cook with the local ingredients to serve to the customers. Currently, some 70 restaurants introduce this practice nationwide to promote community building and enhance using local produces, and it has been drawing attentions.

This practice will contribute to foster communication, provide place to eat with other people for solitary old people and students who tend to eat meals alone. This will raise awareness toward food security and safety. Through this practice, we will help people to find fun, dreams and hope, and opportunities to solve some of the local problems.

●What to do to become “one-day chef” for WAKUWAKU?
First, register yourself as one-day chef. Submit your menu and content of project in advance and submit the registration form. (For detail, please contact the restaurant.)
On the specific day, you can use the kitchen and cook your unique meals to serve to the customers according to the amount and price range set by WAKUWAKU. The chef will take care of procuring of ingredients, cooking, waiting to the customers, washing dishes, and even decorating the shop. We ask you to cook meals for about 20 people. When all lunch is sold out, the service is over.

Anybody who likes to cook, who wants to use special ingredients, who want other people to eat what you grow in your kitchen garden, who want to introduce your country’s special meals, who are interested in international cooperation, welcome! For the people who are interested but not confident enough, why don’t you assist the other chefs? For details, please contact us.
Fair Trade Café WAKUWAKU
Tel/Fax: 089-993-6227 E-mail: wakuwakushop@egn.or.jp

●I became one-day chef!
Case 1: Introducing ethnic dishes
Nick (Kenya), Fatima (Egypt) and Crism (Bangladesh) cooked their own lunch plates and served to the customers.

Case 2: Nakajima Citrus lunch
This is WAKUWAKU’s first one-day chef project menu. Ms. Suezawa (Nakajima Island) used organic lemons and oranges grown in the island in order to let people know and eat the fruits. Here is the typical schedule of the project.
1.picking up menu
2.deciding the menu and the date
3.making fliers, blog, PR in the shop
4.one day before: checking the cookers, final meeting
5.on the day: cooking/serving/washing/reflecting
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ehime Global Network

Author:Ehime Global Network
アフリカン雑貨に囲まれた店内では、フェアトレードコーヒーやモザンビーク料理、旬の食材を使った料理をお楽しみ頂けます。フェアトレード雑貨も販売しておりますのでお気軽にお立ち寄り下さい。

愛媛県松山市東雲町5-6(地図)
Tel/Fax:089-993-6227

OPEN:11時~17時
定休日:土曜日、日曜日、祝祭日

wakuwaku@egn.or.jp

●えひめグローバルネットワークHP


●えひめグローバルネットワーク
モザンビーク事務所ブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2021年06月 | 07月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード